課題解決事例

精密板金曲げ加工における曲げ逃げの影響

投稿日: 2016/11/05

課題及び要望の概要

精密板金部品を展開図にした際、曲げ線が板端面より内側になる形状の場合、曲げ逃げがないと曲げ部両端の材料がちぎれながら曲がる結果となる。これを無理曲げと呼ぶが、曲げ加工の際に曲がるまいとする板の抵抗力によって曲げの狙い値とのずれが生じる。そのため、狙い値からのずれを補正するための時間が必要となる。同様の理由から曲げ角度のばらつきも大きくなる。曲げのリードタイムがコストに反映することがある。

展開図の曲げ線と曲げ逃げ 展開図の曲げ線と曲げ逃げ
無理曲げした曲げ部の外観 無理曲げした曲げ部の外観

解決策の内容

無理曲げになる形状には、曲げ部両側に曲げ逃げを追加する。その際、曲げ逃げの幅および長さは板厚以上とするのがよい。また、曲げ逃げの幅を極小にしたい場合は、レーザ加工機によるスリット加工の最小幅0.5mmで設計するとよい。

曲げ逃げを追加した曲げ部の外観 曲げ逃げを追加した曲げ部の外観
曲げ逃げの有無による外観の違い 曲げ逃げの有無による外観の違い

効果について

無理曲げによる材料の引っ張られが原因で、曲げ段取りの補正や手直しなどの時間とコストが掛かっていたが、曲げ逃げを追加することで、その時間とコストが削減できる。また、角度のばらつきが抑えられ、品質も安定する。

精密部品設計相談はこちらから

この事例のカテゴリー

関連事例一覧

お問合せはこちら