課題解決事例

ファイバーレーザ溶接による厚板ステンレスの裏波溶接

投稿日: 2015/08/25

課題及び要望の概要

レーザ溶接とは、レーザ光を熱源として金属に集光させた状態で照射し、金属を局部的に溶融・凝固させることにより接合します。しかし厚板の場合、レーザ光を吸収しきれず表面での接合に終わることが多い。そのため、これまでは機密性や強度が必要とされる箇所への溶接は避けられてきた。

解決策の内容

材料の合わせ目とレーザ照射角度がポイント。レーザ光を吸収させるために弊社のノウハウにより材料の合わせ目とレーザの照射角度を変え、材料の十分な溶かし込みを行うことにより、裏波が出せる溶接が可能となった。また、局所的に溶かし込めるレーザ溶接なので、熱影響による材料のひずみを抑えることができた。

厚板ステンレス溶接 厚板ステンレス溶接
裏波が出ている 裏波が出ている

この事例のカテゴリー

関連事例一覧

お問合せはこちら