課題解決事例

フレームカバー(テーラードブランクによるコスト改善)

投稿日: 2015/06/01

課題及び要望の概要

フレーム(骨組み)の外観面を覆うカバー。
これまでの加工方法は切削加工により板厚を調整していた。
コストが割高になり、加工方法そのものを見直したいと要望があった。

板厚の違い 板厚の違い

解決策の内容

板厚を調整する際に切削加工にて板厚を調整していた加工を工程改善により、
加工の前段階にて薄い板と厚い板とを溶接により接合し加工時間を短縮し、コストに反映させた。
フレームの骨組みのカバーに使われるフレームカバーはねじ止め箇所やフレームのつなぎ目に強度を求められたが、
この加工方法により材料の無駄をなくし環境にも優しい加工が確立できた。

この事例のカテゴリー

関連事例一覧

お問合せはこちら