課題解決事例

レーザ加工機による穴あけ加工

投稿日: 2016/12/15

課題及び要望の概要

レーザ加工機により板厚未満の径で穴をあけた場合、仕上がりの形状が円形にならない。また、穴の周囲に溶けた材料(ドロス)が付着してしまう。

板厚未満の径であけた穴は円形になっていない 板厚未満の径であけた穴は円形になっていない

解決策の内容

レーザ加工機で穴をあける場合、板厚以上の穴径で設計すると、歪みのない円形の穴をあけることができる。また、穴周辺に溶けた材料(ドロス)が付着することがない。

板厚以上の径であけた穴は円形になっている 板厚以上の径であけた穴は円形になっている

効果について

レーザ加工機による穴加工をしたい場合は、板厚以上の穴径で設計する。板厚未満の穴をあけたい場合は、切削加工やワイヤ放電加工などでおこなう必要があり、コストアップやリードタイムの増加に影響する。

この事例のカテゴリー

関連事例一覧

お問合せはこちら