課題解決事例

精密板金曲げ加工で発生する穴変形の防止

投稿日: 2016/09/02

課題及び要望の概要

曲げ加工をする際、曲げ部に近い穴は材料の伸びによって変形してしまう。穴が変形しないように、曲げの近くにあけないようにしていた。どうしても曲げの近くに穴をあけたい場合は、曲げ加工した後に切削加工で穴をあけていたが、工程が増えてコストアップになっていた。

右側の穴のように曲げに近い穴は変形してしまう 右側の穴のように曲げに近い穴は変形してしまう

解決策の内容

曲げの山側に切り欠きを追加した。曲げても材料の伸びが起こらないため、穴が変形しない。板厚、材質を問わず、曲げ近くの穴変形を防止することができた。

曲げの山側に切り欠きを追加すると右側の穴のように変形しない 曲げの山側に切り欠きを追加すると右側の穴のように変形しない

効果について

どうしても曲げの近くに穴が必要な場合、通常の加工限界を超えて、穴変形しない穴をあけることができる。穴の変形は部品の機能を損ない、不具合の発生原因になるが、この方法で穴変形による品質トラブルを未然に防ぐことができる。曲げ加工をした後に、切削加工で穴をあけるよりもコストダウンができる。

この事例のカテゴリー

関連事例一覧

お問合せはこちら