課題解決事例

スライドレールの変位量解析

投稿日: 2015/04/13

課題及び要望の概要

机の引き出しなどをスムーズに出し入れするために欠かせない部品のひとつにスライドレールがある。
そのスライドレールを最も伸ばした状態で、想定される荷重をかけた時に、どのくらいたわむのかを知りたい。

解決策の内容

スライドレールを固定する箇所、機器を取り付ける箇所、スライドレールが受ける荷重を明確にして、CAE解析をおこない、たわみ量の最大値を求めた。

効果について

スライドレールに機器を取付けて引き出した時のたわみ量や、応力がかかる箇所を視覚的に知ることができた。
解析結果を設計に反映することで、試作回数を減らすことができた。

この事例のカテゴリー

関連事例一覧

お問合せはこちら