課題解決事例

鋳物、ダイカスト部品を板金部品化に

投稿日: 2015/04/08

課題及び要望の概要

鋳物やダイカスト加工製品を製作するにあたって、少量生産時(試作時)に金型を作るにはコストが掛かりすぎてしまう。
鋳物製品などはそれぞれ重量が大きくなってしまうため、軽量化した製品を作りたい。

解決策の内容

精密板金加工の技術を使うことで、鋳物・ダイカスト製品の代替となる製品を製作。
汎用金型の組み合わせ、レーザ切断と曲げの汎用金型の組み合わせによりイニシャル費用の削減。
高張力鋼板にすることで強度アップ。

鋳物部品を板金部品化1 鋳物部品を板金部品化1
鋳物部品を板金部品化2 鋳物部品を板金部品化2

効果について

金型コストなどのイニシャル費の大幅削減に成功。
品質においては、従来の鋳物製品より軽量化を実現しました。

この事例のカテゴリー

関連事例一覧

お問合せはこちら