製品技術情報

X線装置 真鍮カバー 曲げと隙間のない溶接

投稿日: 2015/11/04

製品概要

非破壊検査用X線発生装置カバーのサンプル加工です。

加工技術ポイント

真鍮の板材をレーザで切断し、スタッドピンを立て、曲げ加工をしています。
さらに、カバーの使用環境から隙間を無くす為、レーザでの高出力での溶接をしています。
従来であれば人の手によるロウ付けでの溶接が一般的ですが、
ロボットによるレーザ溶接により直接母材を溶かし込むことができ、安定した品質でご提供できます。

製品の主な使用用途

非破壊検査用X線発生装置のカバー。

その他、真鍮を使用したカバー。装置系。

対応可能加工サイズ

板厚=0.8~2[mm]
肩幅サイズ

製品例

この事例のカテゴリー

関連事例一覧

お問合せはこちら