製品技術情報

ターミナル

投稿日: 2015/04/17

製品概要

超微細精密板金です。
人間が材料を手に持ってしまうと体温が材料に伝わり金属が伸び縮みする為、高い精度が出ません。
その為、設備装置の中で抜き加工から曲げ加工まで行い製品にします。
また加工方法も専用金型を使用することなく、汎用の抜き金型を組み合わせる事により中量産で力を発揮します。
±10μmを実現した超微細板金です。

加工技術ポイント

専用金型がいらず、汎用金型の組み合わせにより±10μmの精度が出せる精密板金。

製品の主な使用用途

電子部品

対応可能加工サイズ

t=0.2
材質=C2510
爪先のサイズ
100個/lot

製品例

この事例のカテゴリー

関連事例一覧

  • 順送型を必要としない超微細精密鈑金
    順送型を必要としない超微細精密板金

    ±10μの精度を可能とした精密板金。
    専用の金型を作らずに汎用の金型の組み合わせにより加工をします。
    金型作成によるコストや納期の短縮が可能です。

  • マークTypeMでの加工技術
    マークTypeMでの加工技術

    超精密板金加工。
    打ち抜き精度±0.01mmにて切断加工を行います。人間が手で持つとそれだけで材料に熱が伝わり、精度の誤差が出る為、抜きから曲げまで一体の設備の中で加工するNCパンチプレス工法です。
    板厚が0.1~0.3mmまでの加工が可能です。

  • 微細板金スイッチ
    スイッチ-超微細精密板金

    超微細精密板金です。 人間が材料を手に持ってしまうと体温が材料に伝わり金属が伸び縮みする為、高い精度が出ません。 その為、設備装置の中で抜き加工から曲げ加工まで行い製品にします。 また加工方法も専用金型を使用することなく、汎用の抜き金型を組み合わせる事により中量産で力を発揮します。 ±10μmを実現した超微細板金です。

  • アースプレート
    アースプレート

    超微細精密板金です。
    人間が材料を手に持ってしまうと体温が材料に伝わり金属が伸び縮みする為、高い精度が出ません。
    その為、設備装置の中で抜き加工から曲げ加工まで行い製品にします。
    また加工方法も専用金型を使用することなく、汎用の抜き金型を組み合わせる事により中量産で力を発揮します。
    ±10μmを実現した超微細板金です。

  • 微細板金ターミナル
    ターミナル

    超微細精密板金です。
    人間が材料を手に持ってしまうと体温が材料に伝わり金属が伸び縮みする為、高い精度が出ません。
    その為、設備装置の中で抜き加工から曲げ加工まで行い製品にします。
    また加工方法も専用金型を使用することなく、汎用の抜き金型を組み合わせる事により中量産で力を発揮します。
    ±10μmを実現した超微細板金です。

  • ステンレスのエンボス鋼板を積層したテーラードブランク材料の曲げ加工

    SUS304,t1のエンボス鋼板と、SUS304,t1の冷間圧延鋼板を溶接で積層して一体化させたテーラードブランクの材料を作り、曲げ加工をしている。

お問合せはこちら