製品技術情報

板厚の違う板を溶接したテーラードブランクからの曲げ加工

投稿日: 2015/04/08

製品概要

強度が必要な部分は板厚を厚く、その他の部分は板厚を薄くし、板の状態で溶接してから曲げ加工をおこなう。
高度な曲げ技術が必要となるが、製品の軽量化が実現できる。
また、異種の金属の接合等によるテーラードブランクでは、その材質に応じた耐食性を持たせることも可能。

加工技術ポイント

強度の強弱、軽量化や耐食性等、必要に応じた加工。

製品の主な使用用途

車体や設備装置のカバーや骨組み。

対応可能加工サイズ

t=0.8~3.0
X,Y=1,000*1,000

材質
鉄=SPCC,SECC
ステンレス=SUS304,SUS430,その他
アルミ=A1050,A5052
その他の材質は要相談。
また、異種金属の接合をお求めの場合はトライアルからスタートさせてください。

製品例

この事例のカテゴリー

関連事例一覧

お問合せはこちら