製品技術情報

溶接加工技術

溶接とは、2つ以上の金属あるいは非金属材料を局部的に接合させることです。また、接合部に圧力を加えて接合する場合もあります。大きく分けて3つの種類に分類されます。

  1. 融接・・・金属の接合部を局部的に溶融状態(溶かした状態)にして接合させる方法で、ふつうは圧力を加えません。アーク溶接(TIG溶接)等
  2. 圧接・・・加熱した接合部(加熱しない場合もある)に圧力を加えて、結合させる方法です。抵抗溶接(スポット溶接)等
  3. ろう接・・・接合しようとする金属は溶かさないで、接合部のすきまに母材よりも溶ける温度が低い金属又は合金を溶かして、毛管現象を利用してすきまに浸透させて結合させる方法です。はんだ付けやろう付け等。

また、溶接以外にも金属同士を接合させる方法があり、ネジによる接合、リベットによる接合も挙げられます。

製品例

→溶接加工技術の事例を詳しく見る
お問合せはこちら